事業内容SERVICE

幹細胞自動培養ロボットの研究・開発・販売

幹細胞自動培養ロボットを使う理由

従来、細胞は人の手作業で培養する方法が一般的。ただ、作業室全体の清浄度を保たなければならない上、熟練した技術者の育成が必要など課題があった。当社が研究・開発を行う間葉系幹細胞自動培養装置を使い細胞培養を自動化することにより、細胞培養の省スペース化やランニングコストの低減が可能になり、細胞の品質も安定化できる。更に当社の間葉系幹細胞自動培養装置は、他社の開発している自動培養装置に比べ更に省スペースで使用できるようになっており研究所のような大きな敷地がなくとも配置ができるようになっております。

 

 

幹細胞自動培養ロボットの構造