事業内容SERVICE

Gc-MAFの研究・治療

Gc-MAF

マクロファージを活性化することによって、がん細胞や外的細菌を破壊する生体内最強の生理活性物質です。マクロファージとは体内に存在する白血球の一種である単球に由来する細胞です。非特異性防御(先天免疫)および脊椎動物の特異性防御機構(適応免疫)の両方を機能させます。 その役割は、定常細胞または可動細胞として、細胞の破片および病原体を食菌(呑食、消化)することであります。また、リンパ球および他の免疫細胞を病原体に反応させるように刺激します。それらは、破壊および摂取によって外来物質、感染性微生物および癌細胞を攻撃する特殊な食細胞です。

 

Gc-MAFの有効性

◇ 様々な感染症

  • 急性感染症

  • 慢性感染症

◇ 癌  ◇ 多発性硬化症(MS) ◇ 関節リウマチ(RA)  

◇ ライム病  ◇ 慢性疲労症候群(CFS)  自閉症

◇ 自己免疫疾患  ◇ 脱毛症、抜け毛  ◇ アトピー性皮膚炎

◇ 花粉症  ◇ 肌の若返り(修復、老化防止効果)

◇ 乾癬  ◇ 疣  ◇ 面皰

上記のように様々な症状への効果があり、現在もより多くの病への有効性を確信する為、研究を行なっております。より、詳しい情報は提携クリニックの MAF CLINIC HPに記載してありますのでご覧ください。